本文へスキップ

第二種電気工事士の資格を取得しよう。

電気工事士の資格は、根強い人気があります。

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

電気工事士の将来性

最近はオール電化住宅と太陽光発電は、よく聞くと思われます。将来的にはエコな生活になるでしょう。

現実には、新築物件の約60パーセント以上は、オール電化住宅を選択されているようです。LED照明も注目されております。
(LED照明を使えば、電気代はさらに安く済みます。)

電気自動車の普及は目を見張るものがあります。

 これからは、第二種電気工事士の資格者が求められるようになり、第二種電気工事士の仕事の需要が多くなってきているということと専門技術者が求められています。

企業の中でも、有資格者を優遇するところが多いようですので、取得をすれば、就職・転職にも有利です。

現在のところ、取得すれば更新手数料、講習、手続きはありません。

ただ、第一種電気工事士は5年に1回あります。

そして第二種電気工事士への期待と利点が、多く増えるようになります。

 今後、何がチャンスになるかは、判りませんからこの第二種電気工事士の資格を取得し、工業系や電気系の資格も合わせて取得されたら、より活躍の場が増えると思います。

また、中には実務経験を積んで独立される方もいます。例えば、家電量販店等からの依頼でエアコンの取り付け・住宅建築会社からの電気工事の依頼・工務店からの電気工事の依頼等々で活躍の場は、たくさんあります。

(仕事をきちんと行うことも大切ですが、依頼者又は、お客様と信頼関係を築くことも大切です。)

                店舗情報