本文へスキップ

第二種電気工事士の資格を取得しよう。

電気工事士の資格は、根強い人気があります。

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

資格取得費用 新着情報

電気工事士免状は申請により住所地の都道府県知事より交付されます。

以下の場合は、電気工事士免状の申請がありましたら交付します。

1 第一種電気工事士 第一種電気工事士試験合格後、大学、高等専門学  校電気工学科卒業者は、3年以上、それ以外は、5年以上の実務経験  を経た場合

2 電気主任技術者の免状交付を受けた後、5年以上の実務経験を経た場  合

3 第二種電気工事士の学科と実技試験に合格した場合

1 経済産業大臣認定の第二種電気工事士認定校の指定を受けた指定教育  機関(専門学校や職業能力開発校等の養成施設で行われている対象科  目)を修了した場合

受験手数料等(平成23年度(2011年度)試験)

第二種電気工事士試験→郵便申込9,600円、ネット申込9,300円 但し受験手数料等は、変更されることもある。



電気工事士免状交付手数料
(東京都の場合は現金で納入。東京都以外では、各道府県収入証紙にて納入) 第一種→5,900円(再交付2,600円) 第二種→5,200円(再交付2,600円)


試験日

第二種電気工事士 上期…筆記試験6月、技能試験7月

下期…筆記試験10月、技能試験12月

平成23年度より第二種電気工事士試験は上期試験と下期試験のいずれかを選択できるようになりました。(上期試験と下期試験の両者を受験することはできない。)   


                店舗情報