本文へスキップ

第二種電気工事士の資格を取得しよう。

電気工事士の資格は、根強い人気があります。

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

技能試験について新着情報

試験は、持参した作業用工具により、配線図で与えられた問題を支給される材料で、一定時間内に完成させる方法で行います

(1)電線の接続
(2)配線工事
(3)電気機器及び配線器具の設置
(4)電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使 用方法
(5)コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
(6)接地工事
(7)電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
(8)一般用電気工作物の検査
(9)一般用電気工作物の故障箇所の修理

但し
1  平成18年度から技能試験のうち従来行われていた「材料等選別試験」は廃止され、従来の「単位作業試験」だけとなります。
これに伴い、筆記試験は、従来の「材料等選別試験」で出題されていた内容を考慮した出題となります。なお、筆記試験の解答方式、問題数、試験時間等の変更はありません。

2  技能試験における材料の追加支給については、従来は、受験者からの要望により支給(支給品によっては、欠陥の対象となる)いたしましたが、平成18年度から端子ねじ、リングスリーブ及び差込形コネクタは、作業のやり直し等で材料に不足が生じた場合に限り支給いたしますが、その他の材料は、一切支給しないこととなりました。
3 平成18年度から技能試験の候補問題を事前に公表することとなりました。詳しくは、受験案内ホームページをご覧ください。

独学でされる場合、事前に公表されるので、その問題を集中、または過去問を解くことによって力をつけてください。

ただ、道具を買ったり、単線図を複線図にしたり、時間内に施工をし規定通りに完成しないと試験は合格できません。

経験のない方は、講習等を受けられることをお勧めします。

合否は欠陥の数で決まります。第二種技能試験の場合は、重大な欠陥(重大欠陥)と軽微な欠陥(軽欠陥)があり、

重大欠陥は一つでもあれば不合格、軽欠陥は三つあると不合格になります。

作業は比較的せまい机の上で行い、実際に造営材に施設するものではありません。

問題は、単線図で出題したいますので複線図にする練習も必要です。

問題の施工条件をきちんと守る必要があります。

試験内容は実際の工事とはかなり違いますが、施工条件を良く見る注意力が必要です。

私の経験からして技能試験は汗をかいたりするので、汗ふきタオル・バンソコ・ペットボトル飲料等の持参をされたほうがいいと思います。

技能試験の工具なら

                店舗情報