本文へスキップ

第二種電気工事士の資格を取得しよう。

電気工事士の資格は、根強い人気があります。

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

電気工事士の歴史新着情報

電気自体は目に見えないし、触ったらビリビリします。使い方を間違えると火災になることさえあります。

こんな電気の性格がなれず危ないと思われている方が多いと思います。

だれしも小学生の頃、下敷きをこすって髪にあて上のほうへ上げてひっついて遊んだことがあると思います。

電気は、もともと紀元前6世紀から7世紀にギリシャ人が静電気を発見したのがきっかけっだそうです。

電柱の電線にカラスが止まっているのをよく見かけると思います。

電柱の電線には、電気が走っていますがプラスとマイナスがあり、片方に止まっているので感電はしません。

電気は、今から約210前からです。

西暦1800年にはボルテが電池を発明

西暦1831年にはファラデーが電磁誘導を発見

西暦1879年にはエジソンが白熱電灯を制作しました。

日本では、西暦1878年にはアーク灯以後3月25日を電気記念日に制定されました。

明治16年に日本で最初の電灯会社は、東京電灯で開業しました。

その後、明治20年に名古屋電灯が設立され徐々に全国に広がって行きました。

関西地方では、神戸電灯が明治20年に設立。
 


                店舗情報