本文へスキップ

第二種電気工事士の資格を取得しよう。

電気工事士の資格は、根強い人気があります。

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

電気工事士とは新着情報

電気工事士には第一種電気工事士と第二種電気工事士の2種類があります

(ほかに認定電気工事従事者や特殊電気工事資格者があります。)

第二種電気工事士は、一般用電気工作物の電気工事(一般家屋、小規模商店、600V以下で受電する電気設備等)ができます。

 一般用電気工作物とは一般住宅、アパート、店舗など低圧受電のものです。もっとわかり易くいうと道路などにある電柱から変圧器で600V以下に下げて受電することです。

 そして自家用電気工作物は高圧、特別高圧で受電する電気設備です、ここでもわかり易くいうと電柱から 直接敷地内に設けた変圧設備で受電し使用するものです。

 電気工事とは、屋内・屋外に配線をしたり、コンセントやスイッチなどの配線器具または、照明器具を取り付けることです。

 工事としては、一般住宅、アパート、マンション、店舗などの新築・リフォーム工事を行うケースが多いようです。

 電気工事のほかに、大工工事・穴掘り・ペンキ塗り・コンクリートをねって固めたりと直接電気工事とは関係ないこともします。

第一種電気工事士 500kW未満の自家用電気工作物(中小工場、ビル、高圧受電の商店等)(ネオン工事及び非常用予備発電装置工事を除く)

および一般用電気工作物(一般家屋、小規模商店、600V以下で受電する電気設備等)


                店舗情報